ラベル 埼玉慎 講師 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 埼玉慎 講師 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2018年11月4日日曜日

喉を開けるとは?

わたくし埼玉が頻繁に出すワード、「喉を開ける」。

あくびしてる時、「ハッ」と驚いた時、「オエ~」してる時。

だいたい、この時喉が開いてます。

今回は具体的に喉開けに触れてみたいと思います。


喉が開いてるとき、口の中がどういう状態になっているかというと

まず、喉仏が下がります。

と同時に、軟口蓋というところが上に広がります。

軟口蓋とは、のどちんこがある、ぷにぷにした辺りのことです。

喉仏が下がり、軟口蓋が上がって初めて喉が開いてると言えます。

これを、口を大きく開けることと勘違いしてる方が多いので十分気をつけてください。


喉仏を下げることで、深み、重みのある響きを作ることができ

軟口蓋を上げることで、明るく、軽やかな響きを作れます。

要するに、喉が開くと表現豊かな声を手に入れることが出来るのです。

このバランスが崩れてしまうと、重苦しいだけ声になったり、キンキンと金属的な声になってしまったりと…

ミックスボイスを習得する上でも必要不可欠になってきます。

喉を締めて、ひたすら鼻に声を集めて、これをミックスと言ってる人もいます…恐ろしい。

喉を開けることの一番大事なポイントは

声帯に限りなく負担をかけずに声を出せる、ということです。

喉仏と軟口蓋のバランスが崩れるほど声帯に負担がかかります。


楽しく歌い、少しでも声の寿命を延ばしたいのであれば、しっかり喉を開けていきましょう。



2018年10月6日土曜日

たかがブレス、されどブレス

講師の埼玉です。


みなさんはブレスの瞬間、肩が上がっていませんか?

鏡で一度確認してみてください。

肩が上がってしまった人、歌に適していないブレスの可能性があります。

例えば、200Mを猛ダッシュした後の状態。

または、子豚の家を息で吹き飛ばそうとする狼くらい肩が上がりきっている。

程度はありますが、このくらいの人は立派な胸式呼吸になってます。


胸式呼吸を使ってしまうと、要らない力が入り、喉が絞まる。

そして無駄に疲れてしまい、結果喉を痛めてしまう。

喉を壊す寸前の人を何人も見てきてます。

気持ちよく歌うためにも、直ちに腹式呼吸を習得しましょう。


最近、ネットや動画などを観ていると、

「呼吸に関しては胸式も腹式も気にする必要はない」

「肩が上がっていてもOK」

という意見が見られます。

おそらく、意識しすぎると余計に力が入ってしまう、ということだと解釈してます。

しかし、何となく呼吸を通過してしまうと後々後悔します。

それは前述したとおり。


ここまでで見てみると、まるで埼玉が腹式呼吸信者のように見えますが

それは間違いです。

腹式呼吸は歌の上達には必要条件ではありますが、決して十分条件ではございません。

パズルのピースみたいなものです。

ピース一つ一つを正確にはめていく。

歌も同じようなものだと思います。



肩が上がるという話から大分脱線してしまいました。

たかがブレス、されどブレスです。






Lemon / 米津 玄師

2018年9月24日月曜日

咽頭共鳴


皆さん、咽頭共鳴ってご存知ですか?

前回、鼻腔共鳴のお話をさせて頂きましたが、今回は咽頭共鳴について小話を。

まず咽頭腔とは、鼻腔と喉が繋がる辺りからスタートして、気道と食道が分岐する辺りにかけての範囲のことを言います。ちょっと広いです。

さらに、咽頭は上咽頭、中咽頭、下咽頭の三つの位置に分けられています。

そして、この中の下咽頭が特に大事です。

何故大事かと言いますと、一番声帯の近くにある空間だからなんです。

ここで声を共鳴出来るか出来ないかで、声の響き方に大分差が出てきます。

深み、優しさ、説得力。



これらを表現したいのであれば、是非咽頭共鳴をマスターしましょう!

他にも、声量、高音にも関わってきます。

正直、鼻腔共鳴は二の次で良し!

というわけで、咽頭共鳴を知らなかったという方、少しだけ興味を持っていただければ幸いです♪

2018年9月8日土曜日

鼻腔共鳴


みなさん、鼻腔共鳴ってご存知ですか?

そもそも鼻腔というのは、鼻穴よりも更に奥にある縦長な空間のことです。

その縦長な空間に声を響かすことが鼻腔共鳴です。

共鳴させることで、声が普段よりも豊かな音色になって、歌では欠かせないものになってきます。

「鼻腔共鳴が大事? よし、それならとにかく鼻に声を持ってこよう!」

こういう方、大抵は鼻声、キンキン声になってる可能性が高いです。

それは何故かと言うと、シンプルに喉が締まっているからですね。

それと、共鳴空間は一ヶ所ではなく、同時に色々なところを使いましょう。

咽頭腔、口腔等。

少し脱線しましたが…

鼻声、キンキン声になってしまっているかチェック法があります。

鼻を摘まんで歌ってみてください。

摘まんだ瞬間に声質がガクッと変わった方、これから気を付けましょう。

変なクセが定着してしまうと、修正するのに多くの月日を強いられます…

正しい方法で鼻腔共鳴をコントロールできるようにしていきましょう!

2018年8月23日木曜日

お腹 / インナーマッスル vs アウターマッスル

今回は、「これやってる人多いな!」がテーマです。

何をやってるかと言いますと

お腹に力を変に入れてしまっている、これです。

歌はインナーマッスルを主に使います。

今回のテーマに当てはまっている人は大体アウターマッスルをガンガン使ってます。

腹直筋と呼ばれる箇所ですね。

声を出す時にここを固めてしまうと、

声がキンキンする

何か苦しそう

思ってるより高音が出せない

要するに喉が閉まってしまうんです。

こういう場合は、固めるのではなく、逆にお腹が膨らむイメージをもってください。

固めるのに慣れてしまっている人は、はじめは戸惑うかもしれませんが、ゆっくり修正していきましょう!

今よりも数段歌いやすくなりますよ♪


ではでは!

2018年7月14日土曜日

喉に良い・悪い飲み物(後半)

どーも!
埼玉です!
さて、前回に引き続き『喉に良い・悪い飲み物』について話していきましょう。
前半では、先に「これ悪いの?」の方に触れてきましたが、後半は「これは良い?」について話していきたいと思います。
喉に良いものとして、まず思いつくのは蜂蜜ですかね。
飲むというか食べるですよね(笑)
蜂蜜には殺菌、粘膜保護効果があって、歌う前よりかは喉が痛い時にもってこいです。
蜂蜜に大根を浸けたハチミツ大根もオススメですよ♪
喉に良い飲み物として、埼玉が推奨するのが
白湯です(笑)
いや、冗談ではなくです!
良い声を出す為には、まず喉を温めて血流を促すことが大事です。
お腹にも優しいです♪
そういった面では、カラオケの場合
ソフトドリンクに氷をガシャガシャ入れる方が多いと思いますが
敢えてそこは氷を入れないのも喉に良い方法ですね。
あとは温かい飲み物を頼むとか♪
結局のところ
何を飲もうにも、「過ぎない」ことが大事ってことです!
ではでは。

2018年7月13日金曜日

喉に良い・悪い飲み物(前半)

どーも!
埼玉です!

今回は、生徒からよく頂く質問を紹介したいと思います。

『喉に良い・悪い飲み物って何ですか?』

何気に出し尽くされてるテーマかな?(笑)

ですが、せっかくなので埼玉なりの見解を♪


先に「これ悪いの?」の方から。

よく聞くのが、烏龍茶は声帯の油分を洗い流してしまうので控えた方が良い。

他にも、牛乳やカルピスなどの乳製品は痰が絡みやすくなる。

これもよく聞きます。

結論から言います。
上記の件に関しては、わたくしの経験上全く問題ございません。

そもそも油分て…

コーヒーでも、ジンジャーエールでも関係ないです。

カラオケなら尚更。
好きなものを飲んで楽しく歌った方が上手く歌えます♪
 
ただ!!

アルコールの飲み過だけは避けてください!

声帯が浮腫んでしまうからです!

ほろ酔いくらいならセーフですが…

お酒が入らないと緊張して歌えないという方には、少し酷な話かもしれません。


というわけで、後半に続きます!


ではでは。

2018年7月3日火曜日

リラックス

どーも!
埼玉です!



歌っている時に、体のいたるところに力が入ってしまう方、結構いるんじゃないでしょうか?

特に、顎、首、肩まわり。


そもそも、何故に力が入るといけないのか?


代表的な理由としては、喉閉めの助長。

これだと思います。

それにより、響き、細かいコントロール、スタミナ維持、etc…これらに影響してきます。


高音を出したい!

声量をあげたい!


ついついパワーで押しきりたくなりますよね。

気持ちは凄く分かります。


でも、その状態に体が慣れてしまうと
なかなかクセが抜けにくくなります。

例えば、お風呂に入ってるイメージ。

あとは、卵の上に立って、殻が割れないようにするイメージ(笑)

これ意外にオススメです。


自分がリラックスできる状況を作っていきましょう!


ではでは。

2018年6月30日土曜日

声帯

どーも!
埼玉です!


みなさん、自分の声帯を見たことあります?

見たことある!
という方はなかなかいないと思います。

もしかしたら耳鼻咽喉科に行った際に見たという方はいらっしゃるかもしれませんね。
  
ざっくり言いますと喉仏の中にあり、自力で見ることは難しい、というか絶対にやめてくださいね!

声帯は二枚1対の「ひだ」です。
個人差はありますが、大きさは成人でだいたい9~12ミリ。

そうです、めちゃくちゃ小さいのです!

そして繊細なのです!



カラオケで大声で歌うと気持ちいいですよね!
ですが!
お酒も沢山呑んだ状態で、大声で張り上げて歌っている方、気を付けてください。


小さくて繊細な声帯…(2回目)

もしかしたらSOS を発してるかも…



でも安心してください♪

声帯に無理のない声の出し方がちゃんとあります!

それは…

実際にレッスンにて♪

または、ブログでちょっとずつ(笑)

ではでは。

2018年6月26日火曜日

聴く力

どうも!
埼玉です!


みなさんは曲を覚える際に、その曲を何回くらい聴いてますか??

生徒のみなさんによく質問します。

ちなみに埼玉は、1曲をしっかり覚えたいと思ったら100回以上聴くように心掛けてます。

もう飽きるくらい聴きます(笑)

そうすると不思議なもので
リズムだったり、歌い回しだったり、ハモりだったり、色んな情報が体に染み付いてきます♪

ハモりに関しては特に鍛えられました。

メインボーカルだけではなく、ハモり、バックの演奏など様々な音に耳を傾けてみてください♪

歌の練習は声を出すのは勿論ですが、同じくらい聴く時間を作ってみる。
これ大事です。

今よりも歌が上手くなるはず!


聴く力も養っていきましょう♪


ではでは。

2018年6月20日水曜日

水分摂取

どうも!
埼玉です!

唐突ですが、梅雨ってジメジメして、汗をかいてもなかなか乾かないし…
とても憂鬱な時季ですよね。

雨が降るから湿度が…


湿度が…


湿度!?


そう!歌好きのみなさん!

湿度が高いから喉にはとっても良い♪

そう前向きに考えてみませんか(笑)


ちょっと強引過ぎました。


でも、実際に喉には水分が不可欠!


巷では1日に水を少なくとも1.5~2リットルは飲んだ方が体に良いと言われてますが、詳しい量はよく分かりません(笑)


ですが、カラオケが好きな方、歌を習ってる方、プロの歌手…
みなさんに共通して言えることは、声を出す際はこまめに水分を摂りましょう♪

ということです。


声は、声帯というところに息が当たって振動することで生じます。
声帯は本来プルンプルンになってるのが理想ですが、水分が足りてないとその声帯がビーフジャーキーみたいに固くなってしまいます。(極端な例えです)
その状態で振動させてしまうと…

キャー!!

ご想像の通りです。

そんなの分かってるよ~!という方は多いと思いますが、声を出す機会が多い人ほど、水分補給が大切だということをちょっとだけ思い返してみてください♪


ここまで来てやっと気付いたんですが

ブログテーマが他の先生方と若干かぶってましたー!!

すいませーん!!!!


ではでは。