ラベル 吉川大介 講師 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 吉川大介 講師 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2018年10月16日火曜日

リズムの捉え方〜その2〜

前回、リズムの捉え方というお話をしましたが、じゃあどうすればそれを捉えられるのかというお話をしたいと思います。

まず曲を聴く時、どこに注目して聴きますか?
歌のメロディ、ピアノやギターなどのコード楽器がハーモニーを奏でています。
そしてリズムに関して注目するのはやはりドラムですね!

リズム感がないとお悩みの方、まずは曲を聴きながら、よりドラムに注目してノリノリになってみましょう!体を動かしてみたり、もう踊ってみちゃってもいいでしょう!
そしてドラムのフレーズを声に出してみるといいと思います!

ドンタンドドタンドガラカドガラカデケデケガシャーン!!

みたいな笑


大体の場合、シンバル、ハイハットが細かいリズムを出します。バスドラムが強拍でなることが多く、スネアがアクセントをつけていたりします。
ドラムという楽器、元々は太鼓やシンバル1つ1つを一人の人が担当していたのですが、だんだん人が少なくなっちゃって出来なくなってしまって、えぇい!全部まとめてやってしまえ!という感じであの形になっていったのだとか…ちょっと話が逸れましたが、その1つ1つがどんなことをやっているのか注目して聞いてみてくださいね。

8ビートのロックなのか?はたまた4ビートのジャズチューンなのか?レゲエ?ボサノバ?サンバ?テクノ?16ビートのファンク?いろんな名前出てきますが、とにかく感じることが大事だと思います。聞いてるだけではなく、ドラムフレーズ、是非歌ってみてください!

とても当たり前のことのようですがとにかく細かく聞いてみてくださいね!そしてノリノリで歌ってみましょう!

私事ですが全パート声に出して歌うってのが流行ってたりします笑

2018年10月9日火曜日

リズムの捉え方

こんにちは吉川です。

今回はリズムの捉え方についてお話ししようと思います。

色々なリズム、曲の雰囲気がありますよね?
演奏の現場でもこの曲はこうでこうで~とか、原曲とは違ってこういうアレンジで~って説明されることが多いです。


それを踏まえて演奏に臨むのですが思い通りにいかないこともよくあるわけです。


例えばバラード風の雰囲気でと言われて演奏していたのですが、その曲はもともとボサノバの曲で、スローなボサノバのな感じの雰囲気を持っていました。この時、ボサノバの共通認識がないと雰囲気、ノリが出ません。


実はそういう感じでやりたいとおっしゃったシンガーがその感じをつかめておらず、こんな感じじゃない?とみんなで作っていった結果、すごくいい雰囲気になったんです。


曲に内在するリズムを感じて歌うだけでも雰囲気やノリが良くなったりします。メロディーが四分音符のゆったりした感じでも細かいノリが出てくるのです。


実際僕は現場で譜面だけ見せられてこんな雰囲気でと言われ演奏することも多いです。瞬時に雰囲気を感じ取らねばなりません。そういうところを感じ取って演奏できているから現場に呼び続けてもらえてるのだと思っています。



レッスンではいろんな曲の雰囲気、ノリをしっかり出せるよう、感じられるよう指導しております。皆さんも是非色々聞きに来てください!

無料体験、お待ちしております。


2018年9月14日金曜日

音の長さのお話

今日は音の長さのお話をしたいと思います。

1つの例ですが、とある生徒さんはバンドでボーカルをやっていて様々なカバー曲を演奏されているそうなのですが、今回はバンドで8ビートの曲をレゲエ風アレンジにして演奏するとのことで一緒に音を出しながらレッスンしてみました。

気がついたのはレゲエ風パートのところがレゲエな陽気な感じが出ない。なんだかかたい感じになってました。
ところが原曲と同じように演奏してみると、かたさがなくなって伸びやかな歌声になったのです。
原曲では…

これはバックのリズムを感じようとしすぎて音がしっかり伸びていないことから発生したものでした。


練習の時に使うメトロノームだけだといわゆるクリック音だけが鳴ります。音符にしてみると、
クリック音
と、短い音符になってしまいますね。実際にこのように歌うとブツブツ途切れてしまう感じになってしまいます。



その生徒さんは特に一番最後の4拍目の音がアクセントのようになり、
4拍目が短い
最後の4拍目でブツっと流れを止めてしまう感じになっていました。実はノリのいい曲を歌うときにありがちで、力が入ってしまって最後止めてしまうパターンです。




逆のパターンもあります。
4拍目が伸びてしまった
音を伸ばし過ぎてしまい次の小節にはみ出してしまってます。音が切れるところがわからず間延びしてしまいます。


音の長さをしっかり感じて歌うことが前回も触れたノリの良さに繋がると思います。伸ばすところはしっかり伸ばす。切るところはビシッと切る!一生懸命リズムに合わせるのも大事ですが1つ1つの音符の長さ、休符の長さも感じてくださいね!


レッスンではこのような指摘をさせていただいたところ生徒さんもだいぶ歌いやすくなったそうです。一緒にやっていてもよりレゲエなリズムに乗れるようになりました。

ほんのちょっとのことですが意識するとだいぶ変わります。お試しあれ!
今日はここまで!

2018年8月19日日曜日

心地よいノリ

暑い日々が続きますがいかがお過ごしでしょうか?そんな中、今日もリズムについて熱く語ってみたいと思います。

そもそもリズムは演奏者みんなできっちり揃えばそれはそれで気持ちいいのです。しかし若干のズレがあることによって独特の揺らぎが出来てより気持ちよくなれます。

例えばグルーブするとかジャズではスイングするなんて言い方もします。グルーブとかスイングという言葉は広い意味で使われたりするので安易にこうだと言えないのですが、日本語で言うと「ノリがいいね!」って言うのが正しいのかなぁと思います。


一応Wikipediaさんの説明載せておこう笑

グルーヴgroove)とは音楽用語のひとつ。形容詞はグルーヴィーgroovy)。 ある種の高揚感を指す言葉であるが、具体的な定義は決まっていない。語源は(アナログ)レコード盤の音楽を記録した溝を指す言葉で、波、うねりの感じから ジャズ、レゲエ、ソウルなどブラックミュージックの音楽・演奏を表現する言葉に転じた言葉である。現在は、素晴らしい演奏を表す言葉の1つとして、ポピュ ラー音楽全般で用いられる。
グルーヴを構成する要素としてはリズムやテンポ、シンコペーション、アーティキュレーションなどが挙げられ、主にリズム体(ベース、ドラムス、パーカッションなど)を対象とした概念である(例:グルーヴィーなドラミング、など)。「ノリ」(乗り)を表す言葉である。ジャンルによって感じるグルーヴは様々で、グルーヴ感の会得は、演奏者にとって必要不可欠な要素のひとつである。
引用 Wikipediaーグルーブより

うん、僕も大変勉強になりました!ありがとうWikipedia先生!

難しい言葉がたくさん出てきましたが、歌を歌うみなさんにとって何が大事かというと、
・歌う曲がどういうノリで演奏されているかを感じること
・そのノリの中でどう自分の歌のメロディーを乗せていくか
だと思います。

前にも書いたかもしれないですが曲をよく聞き、感じることがまずは第一歩。その上で歌っていきましょう。
勘 違いしないで欲しいのはただちょっとズラせばノリが出るとかグルーブするとかって考えるのはNGです。一拍のジャストを感じた上でジャストのちょっと前 後、ギリギリ許せるジャストの前後の範囲でうねりを作っていきます。これを共有するのはかなり難しいですが周りをよく聞いて感じて欲しいです。もちろん きっちりテンポキープは基本ですね。
いろんな音楽を聴いて心地よいノリを感じられるように、そして表現できるよう頑張りましょう!
とりあえず今日はここまで!

2018年7月26日木曜日

リズムの前にテンポキープ

こんにちは!吉川です!
今回はリズム感を良くするための練習の話をしていこうと思いますが、まず大事なのは前回もお話しましたキチンとテンポをキープすることが大事です。

テンポとはなんだ?リズムと何が違うの?

と言われることがありますが、テンポとはその曲の速さ、スピードのことを言います。
このテンポに拍子、ビートなどが加わりその曲のリズムが決まっていきます。

最初のうちはこのテンポをキープするのが難しかったりします。僕たちは機械ではないので誰もが多かれ少なかれ悩んでいるところではないかと思います。

ここで最高の相棒を紹介します!メトロノームなどでお馴染みの「クリック」です!このクリックと共に練習することがテンポキープ、リズム感強化への一番の近道だと思います。

まずは単純な四分音符や八分音符を聞きながら練習してみましょう。

四分音符・・・

八分音符・・・

これでだいぶ出来てきたなぁという感覚が出てきたら今度はクリックを減らしてみます。例えば、

四分音符・・・

八分音符・・・


四分音符のところでは2拍目、4拍目は鳴らさずに、八分音符のところでは全部裏拍にクリックを入れて練習します。地味なようですが結構難しいので挑戦してみてくださいね!

今日はここまで!


2018年7月9日月曜日

リズムについて

こんにちは、吉川です!
リズム感がなくて…と悩んでる方、多いと思います。しかし、リズムは鍛えることができると思います!僕も最初は全くできませんでしたから笑。もちろん今でもトレーニング中です。これはずっと続けていくことなんだろうなと思ってます。

では最初につまずくところって一体なんでしょうか?

僕の最初のつまずきはテンポキープに関してでした。メトロノームに合わせて正確にやっているつもりでもズレていくのです。
おそらく自分が弾くことに一生懸命すぎて周りが聞けてなかったのだと思います。当時バンドを始めたばかりの初心者の時にはこれが悔しくて、メトロノーム鳴らしながら相当練習しました。もちろん今でもメトロノーム使った練習をやってます。

ここで大事なのは弾き始める前、歌い始める前にメトロノームをよく聞いて、どれくらいの速さの曲なのか、自分の音がどこに入るのかを確認してからスタートすることです。
そして焦らず丁寧に、メトロノームは友達だ!笑

次回はテンポキープするためにどういう練習をやったかなど書いてみようかなと思います。


2018年6月27日水曜日

音楽の三大要素

こんにちは、吉川です。
突然ですが、音楽にはとても大事な三大要素があるのをご存知ですか?普段何気なく聞いたり歌ったりしている音楽ですが、こんな要素が組み合わさってできています。

・Melody
・Harmony
・Rhythm

メロディーは主旋律ですね。みなさんが歌うパートは主にメロディーです。
ハーモニーは和音です。メロディーを効果的に引き立て、時に誘導します。
そしてこれらをリズムにのせることで音楽として成り立つのです。

Venusはボーカルスクールですので、皆さんが歌う上で大切なことはハーモニーをよく聞いて、正しいメロディーをその曲のリズムにのせて歌うということになります。

なにやら難しい話の様な気がしますが、それぞれの要素についてこちらでも徐々に書いていけたらと思っています。もちろん直接レッスンで聞いていただけたら嬉しいです。まずはお気軽に無料体験へ!