2019年5月28日火曜日

postfix ホワイトリスト

前回の記事の設定で spam は大変効率良く弾けるようになったのだけれど、メールを受け取るべきサイトの幾つかも同時に弾いてしまっているので、その救済。

毎日 maillog を観察して、こういったエラーを個別に救っていく。


(1)
450 4.7.1 Client host rejected: cannot find your hostname, [aaa.bbb.ccc.ddd]; from=<dareka@dokka> to=<watashi@uchi> proto=ESMTP helo=<nanka.tekito.ni.tsuiteru>

この例の場合2通りの可能性がある。

a. aaa.bbb.ccc.ddd が何故か逆引きできない。
b. aaa.bbb.ccc.ddd を逆引きした結果の dokka を正引きすると、aaa.bbb.ccc.ddd と何故か一致しない。

a の場合、次のように回避。

i) /etc/postfix/client_access に次のような行を追加
    aaa.bbb.ccc.0/24        OK
ii) コマンド行から次を実施
    cd /etc/postfix; postmap client_access
iii) postfix の再起動

b の場合、名前解決できるように、次の行を /etc/hosts にでも追加する。

aaa.bbb.ccc.ddd        dareka.dokka


(2)
450 4.7.1 <mail2.moshimo.com>: Helo command rejected: Host not found; from=<dareka@dokka> to=<watashi@uchi> proto=ESMTP helo=<nanka.tekito.ni.tsuiteru>

相手が HELO/EHLO で指定してきた nanka.tekito.ni.tsuiteru が何故か正引きできない。

次のように回避。

i) /etc/postfix/helo_access に次のような行を追加。
    nanka.tekito.ni.tsuiteru        OK
ii) コマンド行から次を実施
    cd /etc/postfix; postmap helo_access
iii) postfix の再起動


(3)
(a)
450 4.1.7 <dareka@dokka>: Sender address rejected: unverified address: connect to dokka[aaa.bbb.ccc.ddd]:25: Connection timed out; from=<dareka@dokka> to=<watashi@uchi> proto=ESMTP helo=<nanka.tekito.ni.tsuiteru>

送信側のメール・アドレス dareka@dokka が本当にいるのかどうかを送信側に問い合わせようとしたが、何故か向うのサーバーに繋がらなかったので、その人の存在が確認できなかった。

(b)
450 4.1.7 <dareka@dokka>: Sender address rejected: unverified address: host mx.dokka[aaa.bbb.ccc.ddd] said: 550 5.7.1 No such user! (in reply to RCPT TO command); from=<dareka@dokka> to=<watashi@uchi> proto=ESMTP helo=<nanka.tekito.ni.tsuiteru>

送信側のメール・アドレス dareka@dokka が本当にいるのかどうかを送信側に問い合わせたが、何故か向うのサーバーはそんな人知らないって言った。

(c)
450 4.1.7 <dareka@dokka>: Sender address rejected: unverified address: host mx.dokka[aaa.bbb.ccc.ddd] said: 550-5.1.1 The email account that you tried to reach does not exist. Please try 550-5.1.1 double-checking the recipient's email address for typos or 550-5.1.1 unnecessary spaces. Learn more at 550 5.1.1  https://hoge.dokka/nanka-kaitearu.html; from=<dareka@dokka> to=<watashi@uchi> proto=ESMTP helo=<nanka.tekito.ni.tsuiteru>

送信側のメール・アドレス dareka@dokka が本当にいるのかどうかを送信側に問い合わせたが、何故か向うのサーバーはメール・アドレス打ち間違えて無い? って言った。


…大体こんな感じのバリエーション。いづれにせよ、この手のメールを受信する必要があるのなら、次のように回避。

i) /etc/postfix/sender_access に次のような行を追加
    dareka@dokka    OK
    … もし、dareka の部分が毎回変わるようなら dareka@ を取り除いて
    dokka        OK
    とする。
ii) コマンド行から次を実施
    cd /etc/postfix; postmap sender_access
iii) postfix の再起動



ところでこの記事何周遅れなんだろうね?

見方によっては、15年位遅れてるんじゃないか?

まぁ、だけどうちは比較的最近漸く qmail から postfix に乗り換えたからね。
今こういうことをやらなきゃならない。


0 件のコメント:

コメントを投稿