2018年11月16日金曜日

ルバートについて

今日はルバートについて語ってみようかと思います。

ジャズなどで「曲の初めはルバートで歌ってそのあとインテンポに〜」なんて会話があったりします。ルバートって何?という方にまずは便利なWikipediaさんに聞いてみましょう。正しくは「テンポ・ルバート」というそうです。
テンポ・ルバート(伊: tempo rubato)は、訳せば「盗まれた時間」という意味であり、本来的には音符の音価の一部を奪い、他の音符に付与することを意味していた。したがって全体のテンポは変化しなかった。19世紀以降ではこの概念は退化して、柔軟にテンポを変えるという意味で用いられるようにもなった。

ということでテンポ、拍の長さを柔軟に変えましょうということになります。

で、よく現場でも「ルバートってどう歌っていいかわからない」という方が非常に多いです。また、いくらテンポを柔軟にしてやるからと言ってピアノやギターなど伴奏する人を置いてけぼりにしちゃう人が多いように思います。僕なりのルバートのやり方というのかな?大事なのは何かというのを語ってみたいのですが、とにかく一番大事なのは

「息を合わせる」

ということです。当然ですが伴奏者と息を合わせねばルバートのような演奏は成り立ちません。バラバラになってしまいますよね。ここで息を合わせるというのはどこから歌い出すのかというタイミングをはかることになります。
どうやって息を合わすか?ですが、息継ぎです! 伴奏する人は歌う人の息継ぎのタイミングをよく観察しています。息を吸ったらあと出すしかないでしょう笑。どこから歌い出すのか、一番わかりやすいのは息継ぎの瞬間です。
ヨーイドン!せーのっ!って言ったら大体この辺ってわかりませんか?文字通り呼吸で、息でタイミングを合わせる、息を合わすことが大事だと思います。

また、自分から出るべきところなのか、伴奏の音を聞いてから出るのかをきちんと把握するということも大事だと思います。その曲によって様々ですが、歌がリードすべきところ、伴奏がリードするところ、いろんな要素があると思います。そこを理解してやると話はスムーズです。お互いに絡み合って魅力的な演奏になると思います。



大体の場合、ルバートは歌い手と伴奏者との一対一になることが多いですね。テンポという拠り所がない分、より親密にお互いの呼吸を感じることができます。偉そうに語ってみましたが僕もまだまだ勉強中。一緒にルバートの練習してみませんか?

0 件のコメント:

コメントを投稿