2017年9月8日金曜日

腹式呼吸について

ちょっと涼しくなってきましたが、夏の疲れなのか気圧が低いからなのか・・・
だるさや眠さが抜けない方多いのでは??

私もかなり気圧に左右されてしまうので、すごいわかるー!

生徒さん達もそういう方多いです!
でもちゃんとレッスンにきてみんな偉いです☆


そんな頑張り屋さんの生徒さんたちにこのレッスンをしたら結構すっきりしたとのお声を沢山いただいたので紹介したいと思います♪♪

まずなぜだるさが抜けないのか!!

自律神経が乱れているからが多いと思います。
これだけ気候が不安定だとお日様も見れないし、体がオンなのかオフなのかわからなくなってしまいます。
そうなるといろいろな事をやっちゃうんですね。。人の体は!
ストレスを発散するために、暴飲暴食やネットで夜更かしなど・・・

ドキッとしたあなた!気をつけてね笑
そうすると負のスパイラルの中へようこそ!!ってなってしまうので・・・

いろいろ改善策はあります!お風呂につかる、食生活の改善、寝る前にスマホ見ない、運動するetc...

でもその中でも結構効果が早いなと思ったのとストレス発散にはかなり健全なのです!
こちら「腹式呼吸」です!

そうです!良く耳にするやつですw
でもただの腹式呼吸じゃなくて、ここが大事です。

「歌う時の腹式呼吸」

ポイントはしっかり息を吐くときに下腹部に安定感があるように!
腹を据えた感じがいいです!
すーっと吐く。この時に音が抜けてたり、ゆっくり息を吐いてはいけません。
蜘蛛が糸をするするっと吐くように真っ直ぐ遠くに息を吐きましょう。

吐ききったら・・

ここでも注意です!結構みんな死ぬほど吐くんですが。
すーっと言う音がもう出せなくなったら吐き切ったって合図です!

そうしたら慌てないで空気はいっぱいありますから笑
ゆっくり鼻から吐いてる時にキュってなった下腹部の力を緩めながら空気を入れましょうね。

結構疲れますが、この動作を連続して行います!
出来る限りでいいです!

例えばストレッチしながら、寝る前とかにやってあげるとよりいいですよ!

間違っても深呼吸ではないので、気をつけてください!
深呼吸だと肺が上に広がるので、胸が上に上がります!
肺が下へ伸びるのが腹式呼吸です。

ちょっと難しい方は寝っ転がって膝を立ててやるといいと思いますので、どうぞお試しあれ₍₍ ◝(●˙꒳˙●)◜ ₎₎

この時期を健康で歌も上手くなる基礎練習方法で乗り切りましょうね!

ではまたお会いしましょう!
五月みどりと一文字違い松木翠でした‘`,、(๑´∀`๑) ‘`,、’`,、



2017年8月5日土曜日

「体内メトロノーム」トレーニング


裏方担当の猫です。
良い本を見つけました。
当方以前も書きましたがリズムが苦手です。
ここ数十年の流行曲は、一定テンポで刻まれるクリックと呼ばれるものにメロディやリズムを載せていく、という形で作られています。
「リズム」を分類すると幾つかの要素に分けられると思いますが、リズム音痴が大抵苦手なのは
  • 一定間隔でクリックを出し続ける事。(トン、トン、トン、トン…て、ずぅーーーっと、例えば数分間同じBPM(Beat per Minute)で刻み続けること)
  • 拍子(4拍子とか3拍子とか)が分かる事(例えば曲を聴いて、その曲が何拍子か分かること)
  • 一拍目がどこにあるか分かる事(曲を聴いて、小節の頭=一拍目がどこか分かること)
辺りです。 その為に有効なのが自分の中に「体内メトロノーム」を持つ事で、この本はそのための練習法が書いてあります。 曲を聴いて、
  • 同じテンポで刻める
  • 1拍目がどこか分かる
  • 曲の音を所々10秒以上程度消して、音を戻した時に、ちゃんと予想通りの所にいる(例えばカラオケで途中で伴奏の音を消してそのまま歌い続け、30秒後に音を戻してもピッタリ合っているということです)
ということができるようになっていれば、その後は様々な所謂「リズム練習」に進む事ができます。